ネット通信講座

平尾昌晃さん死去。遺産10億円! 遺された家族、不穏の通夜。part3

ここ花グループに出会えたあなたは強運の持ち主です。

ここ花グループに参加して人生に花を咲かせませんか??

ここ花グループは、あなたを絶対に幸せにする自信があります!!!

平尾昌晃さん死去。遺産10億円! 遺された家族、不穏の通夜。

 

故人の遺産が血縁関係者に移転することを『相続』という。

誰に、どれくらいの割合で受け継がれるかなどは民法によって定められている。

 

例えば、法定相続人が
配偶者と子供1人の場合、配偶者に半分、子供に半分が相続される。

 

子供が2人になっても、配偶者は半分のままで、子供2人が4分の1ずつを受け取ることができる。

 

子供が3人いる平尾さんの場合、A子さんが半分を受け取って、残りを子供3人で均等に分けるルールになっている。

 

著作権の相続の場合も、著作者(作曲者)の個人管理だとしたら、不動産や株券等の財産と変わらず

相続方法も同じで、遺族に相続されます。

 

著作権は著作者の死後、50年間にわたって保護されます。

 

ただし、複雑なのが、個人事務所や会社で著作権を所有している場合です。

 

その際は著作者がなくなっても、著作権は事務所に残り、配偶者や子供たちには相続されないんです。

 

2014年1月に亡くなったやしきたかじんさん(享年64)のケースでも、個人事務所が資産を所有していて

それが遺産相続問題の争点になった。

( 画像引用元 http://gigazine.net/news/20140107-takajin-yashiki-passed-away/ )

 

たかじんさんは平尾さん同様、3度の結婚をし、最初の妻との間に娘が1人いた。

 

その一方で、なくなる3ヶ月前、一般人女性のSさんと再々婚していたのだ。

たかじんさんがこの世を去ると、最後を看取った3人目の妻と一人娘の間で

10億円とも言われる遺産をめぐる激しいバトルが勃発した事はよく知られている。

 

平尾さんの周囲でもこんな心配の声が聞こえてくる。

A子さんは平尾さんの音楽事務所の役員でもあります。

事務所が著作権の印税を管理しているので、今後もそのまま印税が入ることになりそうです。

 

ただし、それでは息子たちは蚊帳の外。

平尾さんの親族からは『財団を作って印税はみんなで管理してはどうか』と言う声も聞かれますが

A子さんら事務所関係者にすればそれは受け入れ難いことでしょうね。

 

1部には平尾さんは10年以上前から遺言書を作っていたと言う話もある。

 

今後、親族の間の話し合いも、その遺言書の中身次第となるかもしれない。

平尾さんが旅立って間もないが、以前からすでにA子さんと息子たちの間には、深い溝ができていると言う証言は多い。

 

次男の勇気さんがスポーツ紙のインタビューで、家族葬は7月28日に通夜、29日に告別式を行うと発表しました。

 

その通り、各メディアは家族葬のスケジュールを報じたのですが、A子さんサイドが

『まだ決まっていない。勝手に発表してもらっては困る』と、その日程をキャンセルして、葬儀は後ろ倒しにされたんです。

 

勇気さんは『勝手にしろ』とかなり怒っていたそうです。

( 画像引用元 https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&ved=0ahUKEwiMzuum47rVAhWCfLwKHd9CAXMQjxwIAw&url=http%3A%2F%2Fwww.hochi.co.jp%2Fentertainment%2F20160815-OHT1T50188.html&psig=AFQjCNF7zrkB3JU9ZOAXn_SLQWSJsgV0cw&ust=1501839742690205 )

 

前出の音楽関係者が続ける。

A子さんは名作曲家である平尾さんのブランドを守ろうと丁寧にマネジメントをする人でした。

 

一方で、息子たちはアーティストの血を引いているので自由な雰囲気がある。

 

要の平尾さんが逝ってしまって家族間にさらなる行き違いが生じるとしても、いたしかたないのかもしれません。

 

しかし、A子さんが役員を務める平尾昌晃事務所は言う。

平尾さんとA子さんが入籍したのは4年以上前のことで、遺産目的といった情報は全く違うんです。

また、通夜・告別式が変更になった理由ですが、まだ日程が決まっていない段階で外に出てしまっており、未定です。

 

家族葬でもありますので、今後、発表する予定はありません。

 

息子の勇気から話が聞けた。

彼は、入籍したのは4年ぐらい前だが、いつ知ったのか、誰から聞いたのかはお話しできません。と言う。

 

やはり、両者に大きなしこりを感じさせる話だった。

 

いずれにしろ、通夜の日程すらすんなりとは決まらない不穏な雲行きを、平尾さんはどんな思いで見つめているのだろうか。

 

【 完全無料のネットビジネス講座 】

※安心のサポートも充実しています(*ノωノ)!!!

急な用事も旅行も仕事を気にしなくて大丈夫☆

あなたも自由な生活を手に入れませんか( *´艸`)?

Related Post

サブコンテンツ

このページの先頭へ