ネット通信講座

現場がヒヤリ!「過保護母」三田佳子、30年因縁の黒木瞳 part1

ここ花グループに出会えたあなたは強運の持ち主です。

ここ花グループに参加して人生に花を咲かせませんか??

ここ花グループは、あなたを絶対に幸せにする自信があります!!!

 

現場がヒヤリ!「過保護母」三田佳子、30年因縁の黒木瞳

 

過保護…大辞泉によると、その意味は「必要以上の保護を与えること」とある。

浮き沈みが激しい芸能界で長きにわたって第一線を走り続けてきた2人の大女優は、わが子に目をかける

「過保護母」である一方、周囲から必要以上に気を使われる「過保護女優」でもあった。

( 画像引用元 https://blogs.yahoo.co.jp/pigulet2005/16560639.html )

 

平泉成(73)や西岡徳馬(70)時任三郎(59)など豪華出演陣に囲まれて、主人公を務める高畑充希(25)の

プレッシャーは相当のもの。だが、その「2人の大物女優」の前では、言い知れぬ緊張感が漂うようで…

 

7月12日スタートのドラマ「過保護のカホコ」が初回視聴率11.6%と好発進を切った。

キャッチフレーズは「史上最強の箱入り娘」高畑演じる大学生の加穂子は、朝は自力で起きられず

着る服も自分で選べないほどの超甘やかされっ子。毎日駅まで車で送迎され、就職活動もコネ頼みという筋金入りだ。

 

カホコを過剰に甘やかす母・泉を演じるのは黒木瞳(56)そして、泉の母、つまり加穂子の祖母にあたる

初代役を三田佳子(75)が好演している。正直、2人ともよくこの仕事受けたな、と思いました。というのも

ドラマのタイトルよろしく、2人とも実生活でも超がつく「過保護母」で知られていますからね。

 

黒木は1991年に一般会社員と結婚、1998年に長女を出産した。娘さんへの入れ込みようは半端なくて

幼少からバレエや楽器など習い事に力を入れていました。

それもこれも、娘さんを自分と同じ宝塚に入れたかったからだったそうです。

 

結局、その夢は叶わなかったみたいですけど、娘さんが通っていた超名門私立校でも黒木さんの過保護ぶりは有名だったようです。

 

一方の三田は、1974年にテレビプロデューサーの男性と結婚。翌1975年に長男、1979年に次男が誕生した。

 

その次男は、高校在学中の18歳のときに覚せい剤取締法違反で逮捕。三田さん夫婦が多忙なこともあって

年齢に見合わないほどの多額のお小遣いを幼少から与えていたことがわかると、三田さんはあまりに過保護で

非常識だ。と大バッシングされました。その後、次男は2回覚せい剤で逮捕され実刑判決も受けましたが

いまだに生活費の援助などは三田さんが行っているそうです。

 

冒頭の「2人の大女優」とは、他でもなく黒木と三田のこと。ベテラン女優が並び立つとあって

周囲の気の使いようは相当だったという。いろいろと忖度が働いて、とにかく待遇に差がないようにしているんです。

“黒木さんの入りは何時ですか?三田さんも合わせないと…”とか“ロケ弁のグレード一緒ですよね?”とか

何から何まで少しでも差がつかないよう横並びにしています。それでも気が気ではなくて…

 

実際には、表立って正面からぶつかることはないが、女優としてのプライドの一端が垣間見えることもあるという。

 

年齢は約20歳も違いますが、黒木さんはライバル意識が見え隠れしていますね。先日

黒木さんが事前の打ち合わせで納得して決めた衣装を、撮影当日に変更したことがあったんです。

黒木さんも三田さんも母、祖母役ということでカーディガンを着ているシーンがあったんですが

黒木さんが「これじゃ目立たない!」って急きょ光沢のある素材のものに変更しました。

 

役柄のためのプロ意識はあるでしょうが、どうやら三田さんの衣装のほうが華やかに映ると感じていたみたいで…

 

そんな空気を察してか、年齢の割に芸歴が長く、物怖じしない性格の高畑でさえ撮影現場では2人にはかなり気を使っている。

 

続きはこちら

現場がヒヤリ!「過保護母」三田佳子、30年因縁の黒木瞳 part2

 

【 完全無料のネットビジネス講座 】

※安心のサポートも充実しています(*ノωノ)!!!

急な用事も旅行も仕事を気にしなくて大丈夫☆

あなたも自由な生活を手に入れませんか( *´艸`)?

Related Post

サブコンテンツ

このページの先頭へ