ネット通信講座

稀勢の里、秘められていた「恋人との別れ」

ここ花グループに出会えたあなたは強運の持ち主です。

ここ花グループに参加して人生に花を咲かせませんか??

ここ花グループは、あなたを絶対に幸せにする自信があります!!!

稀勢の里秘められていた「恋人との別れ」

 

稀勢の里関は、大相撲に自分の肉体、精神、すべてを捧げる覚悟を持っている。

いかに相撲だけに集中できるかを考えて生活しています。

春場所に痛めた左上腕と胸の筋肉の影響で、先場所は途中休場した横綱・稀勢の里(31)が

起死回生を狙っている。けがで思うように稽古できなかった先場所。体重増加も体調不良の原因だった。

( 画像引用元 http://www.joyoliving.co.jp/topics/201307/tpc1307001.html )

 

今回は十分な減量を行ったという。人より多めに野菜を食べるようにしているそうです。

 

稀勢の里だけ、最初にてんこ盛りのサラダを食べる。それからちゃんこを適量食べるようにしていました。

 

そんな横綱の素顔が垣間見える話を、名古屋場所で稀勢の里の運転手を13年間務めてきたAさんに聞いた。

去年の名古屋場所では、実は足を痛めていました。でも人がいる前では何もないようにすたすた歩いてくる。

ところが車に乗って、人目がなくなった瞬間「痛い!!」と叫んで、「大丈夫ですか?」と聞いたら

「大丈夫、明日までに治しておきます」って。絶対に人に弱いところを見せない横綱なのだ。

 

7月3日は横綱の誕生日。でもその日は稽古中なので、稽古が始まる直前の約1週間前に

部屋担当の運転手たちが集まって、毎年誕生会をやります。横綱は派手なことが嫌いなんです。

今年は小さな家庭用サイズのアイスケーキを用意しました。でも、ろうそくを吹き消すようなイベントはありません。

「おめでとうございます」と言って、ただ食べるだけ。2次会もしませんよ。

 

どこまでもストイックに、相撲道を追求しているようだ。

 

恋愛や結婚は集中を乱すものと考えている。だから、本人は横綱として土俵に上がり続ける限り、結婚もしないし

彼女もいらんと言っています。だが、その境地に至るまで、つらい恋の経験もあった。

稀勢の里関は2012年に大関に昇進しましたが、そのころから真剣な交際を始めた女性がいたそうです。

地方での場所にも応援に来て、合宿先を抜け出して会いに行くこともあったとか。

 

ただ大関にもなると、もう有名人ですから、なかなか人目を避けて会うことが難しい。

 

そのことで神経を使うのは相撲にとってよくないと、3年ほど前に別れてしまったのです。

 

そうして相撲道に邁進した稀勢の里関は、念願の横綱昇進を決めました。

 

けがの不安を押して、名古屋部屋で復活に懸ける横綱。結婚はまだ先になりそうだ。

 

稀勢の里関の恋愛…びっくりですね( ゚Д゚)!!彼女が居たなんて知りませんでした。

稀勢の里関こと、きせのんのファンは沢山いらっしゃるようなので、女性ファンとしては

その点は安心出来るのかもしれませんが、ご両親としては早く結婚して欲しいでしょうね。

 

稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか )は、茨城県牛久市出身(出生地は兵庫県芦屋市)で

田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)所属の現役大相撲力士。第72代横綱。

本名は萩原 寛(はぎわら ゆたか)、愛称はハギ、キセノン。身長188cm、体重175kg、趣味はスポーツ観戦

好きな食べ物はのっぺい汁、焼き鳥、フグ刺し、紀州南高梅

茨城県龍ケ崎市立松葉小学校、同市立長山中学校卒。得意手は左四つ・寄り・突き・押し。

血液型はB型。締め込みの色はナス紺。生まれつき左利きであり、矯正により両利きになったが主に左手を使う。

 

けがで故障中のキセノン…とっても心配ですが、早くけがを治して完全復活してくれることが楽しみです!!

キセノンの活躍をまた見たいですね!日本最強の力士。故障からの復活、これからの活躍も楽しみにしています。

 

【 完全無料のネットビジネス講座 】

※安心のサポートも充実しています(*ノωノ)!!!

急な用事も旅行も仕事を気にしなくて大丈夫☆

あなたも自由な生活を手に入れませんか( *´艸`)?

サブコンテンツ

このページの先頭へ